衛生管理者の本
カテゴリ

2008年02月09日

過去問題集を繰り返し実施するべし

第一種衛生管理者合格へは、とにかく過去問題集を繰り返し行なう

ことです。

「そんなの常識だよ」といわれると思いますが、意外と出来ていない人

が多いんです。
過去問題集を数冊繰り返し行なうと

1.似たような問題が必ず有り試験に出る可能性が高い

2.ヤマを張らなきゃいけない問題が判って来る。

3.問題をこなすのに比例して、妙に自信がついてくる。

などなど、試験へのモチベーションを上げる、自信を深める為にも

繰り返し問題集をこなすのは重要なのです。

ただ、なかなか時間が取れないという理由で出来ないと嘆く方も

いるかと思いますが、集中できる時間を1日15分でもいいので

作り問題集をこなしてみましょう。

言い訳でなく、実行するのが大事です。慣れるまでは大変ですが

慣れてしまえば大した事では無いですよ。

にほんブログ村 資格ブログへ


過去問題集の重要性

第一種衛生管理者資格取得の為に講習へ通い始めて3ヶ月ほど経ち

だいぶテキストの内容も判りかけたころ、講習会場で毎回販売されて

いて以前から気になっていた過去問題集を購入の決断しようか

迷っていました。

普通、衛生管理者の受験の為に問題集の一冊や二冊ぐらいは

持っていてもおかしくないのでしょうが、なんとその問題集の価格が

\3,800と私にとっては高額だったので、正直かなり迷いました。

しかし、販売している方の一言で私を購入へと決断させました。

「過去の衛生管理者試験の問題が載っています。この問題集だけ

繰り返し行なえば必ず合格できます」の”これだけで必ず合格できる

という一言は効きました。

事実私も第一種衛生管理者試験に一発合格したのですから頷けます。

やはり、問題集は一冊必ず信頼の置けるものを購入したいですね。
(これです)


eiseikanrimondaisyuu.JPG



にほんブログ村 資格ブログへ

2008年05月26日

第一種衛生管理者問題集の活用

問題集を購入したはいいけど、闇雲に問題を解いているうちに

問題集に答えを書いたりしたりなんてことはよくありますよね。

一度だけ問題集をこなすのならそれで問題ないのかもしれませんが

第一衛生管理者合格のためには、問題集を繰り返し読んでいかなければ

いけないので、問題集にそのまま解答を書くのはやってはいけない事

です。

私が、第一種衛生管理者合格のため実行したのは、エクセルを活用して

解答用紙を作成したことです。

問題の回答は選択方式なので、A4用紙1枚に80問程度回答することが

でき、第一種衛生管理者問題集も汚さず答え合わせもできることで

よい事尽くめです。

さらに、第一衛生管理者問題集がきれいなままだと、合格後に

ブックオフで高く買い取ってもらえるかもよ。

ということで、第一種衛生管理者の問題集の解答用紙は、エクセルで

作成して、効率のよい試験勉強で第一種衛生管理者の合格を

目指しましょう。


にほんブログ村 資格ブログへ

2008年05月29日

第一種衛生管理者の試験勉強方法

試験勉強をするときに

1.一夜漬けで試験範囲を覚える

2.計画を立てて勉強を行う

あなたはどちらのタイプですか?

私は1のタイプでした。

どちらのやり方が良いと言うことは言えませんが

私が思うに第一種衛生管理者の資格合格のためには

2のタイプで行うことをお勧めします。

「試験に合格するだけなんだから、一夜漬けでいいでしょ」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、一夜漬けが

通じるのは、試験の前日に勉強時間が確実に取れる学生

だから出来た事で、急な仕事やどうしても断れない付き合い

などで試験間近に思い通りに大一種衛生管理者の試験勉強時間が

取れない社会人は

「計画的に第一種衛生管理者の試験勉強をする」

事が非常に重要だと思います。

計画というと身構えてしまう人もいるかともいますが

週単位で、「第一種衛生管理者の問題集をここまでやろう」という

目標を立て達成するためにどの程度の時間が一週間で必要なのかを

把握し、1日当たりの学習時間を算出すれば、意外とたいした時間では

ないことに気がつきますよ。

また、第一種衛生管理者の試験勉強を計画的に勉強を行うことで

自然と自信がもてるようになるので、ぜひとも

「計画的に第一種衛生管理者の試験勉強をする」

実行していただき合格を目指してください。


にほんブログ村 資格ブログへ

2008年06月23日

第一種衛生管理者の早期取得のメリット

第一種衛生管理者の資格取得から4年が経ちそろそろ中年と呼ばれる

年齢に近づいてきました。

今思うに「今年第一種衛生管理者の資格を取得してください」と

会社から言われたとしても、今の自分の状況では

「合格には相当の努力が必要だな」と感じています。

なぜそう思うのかと言われると

1.中間管理職になって、社内、社外のお付き合いが多くなり

  勉強に割く時間がなかなか取りにくくなってきている。

2.記憶力が仕事に多く咲かれている。

という2点があげられます。

4年前は、管理職ではあるものの職位もそれほど高くない為

自分自身のスキルアップに割く時間をとることが用意であったが

今は、上司、部下、同僚と円滑に仕事を進めるために、付き合いに

割かれる時間が非常に増えてきています。

第一種衛生管理者の資格取得に限らず、やはりできるだけ若いうちに

資格取得を目指したほうが良いと考えます。

また、加齢と責任ある業務を遂行することで記憶力のほとんどを

仕事へ注がねばならない現状から、繰り返し学習して身につく知識を

できれば業務に関することにしたいと思ってしまっている事が

要因と考えます。

やはり、第一種衛生管理者などの資格取得は

ある程度会社で経験をつんで、30才台半ばまでに資格取得を

するのがベストだと思います。


にほんブログ村 資格ブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。